ホーム 最新情報・ノウハウ LINE公式アカウント × upnowで最強の予約システムを無料で作成

LINE公式アカウント × upnowで最強の予約システムを無料で作成

レンタルスペース運営支援事業を展開する当社は、日々進化するデジタルツールを活用し、お客様のビジネスをより効率的かつ効果的にサポートすることを目指しています。

 

今回は、いますぐ無料で始められるLINE公式アカウントとupnowの連携による効果的なマーケティング施策についてご紹介します。

 

LINE × upnow

 

LINE公式アカウントを活用すれば、LINEから24時間いつでも予約受付が可能です。また、LINE友だちにupnowクーポンを配布することもでき、さらに顧客満足度を高めることができます。

 

  • LINE公式アカウント×upnowを無料で実装可能
  • 圧倒的に開封率が高いLINEでゲストの次回予約を促進
  • 自動応答の活用で運用を効率化

 

upnowの追加費用なしLINE公式アカウントの無料プランでも非常に効果的なマーケティング施策を行うことが可能です。

 

API連携ではないため、予約確定・キャンセル・前日リマインド等をLINEで通知することはできません。ただし、それ以外の多くのことが無料でLINE公式アカウントに実装可能です。

 

>> オンライン個別面談で相談する <<

 

押さえておきたい3つの機能

LINE公式アカウントは非常に多くの機能がありますが、押さえておきたい重要な機能は3つです。

 

  1. リッチメニュー
  2. カードタイプメッセージ
  3. 応答メッセージ

 

この3つを使うことで、あなたのレンタルスペースのリピーターを育てるLINE公式アカウントを作成できます。

 

1.リッチメニュー

LINEのトーク画面下部に固定表示されるメニューです。このメニューはトークルームの画面の大部分を占有するため、ユーザーの目に留まりやすく、閲覧頻度も高いです。そのため、LINE公式アカウントの運用目的に合わせて適切な項目を設定することで、大きな誘導効果を期待できます。

 

リッチメニューにはテンプレートが複数用意されており、各エリアごとにユーザーがタップしたら、どのアクション(テキスト、リンク、クーポン、ショップカード)を返すか簡単に設定することができます。

 

 

2.カードタイプメッセージ

複数のコンテンツを一つにまとめて送信できるメッセージ機能のことです。メッセージはカルーセル形式で表示され、複数の画像やコンテンツを左右にスライドして閲覧できます。

 

LINE管理画面で各項目を入力するだけで簡単に視覚的にわかりやすいレンタルスペース情報を作成することができます。遷移先のURLは自由に設定可能です。

 

 

 

3.応答メッセージ

ユーザーから受信したチャットメッセージに自動で返信する機能です。この機能には、ユーザーから受け取ったすべてのメッセージに対して返信する「一律応答」と、受け取ったメッセージに含まれるキーワードに基づいて返信内容を事前に設定しておく「キーワード応答」の2種類があります。

 

下記画像では、「予約する」というキーワードを受けた場合、システムが自動で先ほどのカードタイプメッセージを応答するよう設定しています。

 

 

 

 

設定後の動作イメージ

それでは、3つの重要機能を用いて、実際にどのように動作しているのか具体例を示します。

 

ホストが運営するスペース数によって、最適な導線設計が異なります。今回は少数スペースと10件以上の複数スペース運営の2つを例にまとめます。

 

少数スペース運営者向け

  1. ゲストがリッチメニューの「予約する」をタップする
  2. ゲストから自動で「予約する」テキストが投稿される
  3. 「予約する」テキストをトリガーにシステムがカードタイプメッセージ(スペース情報とURL)を返す
  4. ゲストが「空き状況をみる」をタップし、upnowのプラン・日時選択画面に遷移する

 

 

10件以上スペース運営者向け

 

  1. ゲストがリッチメニューの「公式サイトなら..」をタップする
  2. ゲストから自動で「公式サイトでスペースを探す」テキストが投稿される
  3. 「公式サイトでスペースを探す」のテキストをトリガーに、システムがリッチメッセージ(地方選択)を返す
  4. ゲストが「関西」をタップする
  5. システムが自動でカードタイプメッセージ(スペース情報とURL)を返す
  6. ゲストが「空き状況をみる」をタップし、upnowのプラン・日時選択画面に遷移する

 

 

 

デモアカウントを見る

実際に触って確認して頂けるようにデモアカウントを作成しました。アカウント内の設定は一例であり、リッチメニュー、応答内容や遷移先のURLなど、LINE管理画面からさまざまな設定が可能です。

 

▼デモアカウント友だち追加

https://lin.ee/PAsS8EW

 

 

 

LINE活用施策例

LINE公式アカウントを通じてゲストを囲い込み、リピート率の最大化が期待できます。メールDMよりも圧倒的に高い到達率を誇るLINEでの配信は、効果的なマーケティング手法です。

 

お得なクーポン配布

季節ごとのキャンペーンやイベントと連携し、LINE公式アカウントを通じてクーポンを配布することで、新規顧客の獲得や既存顧客のリピート利用を促進できます。

 

例. 「今週末限定!全スペース30%オフクーポンを配布中。ご予約はお早めに!」

 

 

ゲストとの関係性強化

LINE公式アカウントの機能を活用して、定期的な情報発信やキャンペーン、アンケート調査を行うことで、顧客とのエンゲージメントを強化できます。これにより、顧客のロイヤルティが向上します。

 

フィードバックを収集

公式LINEを通じて簡単にアンケートを収集することができます。ゲストの意見をスペースやオペレーションに反映させることで、サービスの質を向上させることができます。アンケートはオンラインフォーム作成ツール「Googleフォーム」が無料で利用でき、おすすめです。

 

多機能な自動応答

公式LINEの自動応答システムを設定することで、さまざまな問い合わせに対して即座に対応することができます。これにより、顧客対応の質が向上し、スタッフの負担も軽減されます。

 

例. ゲストが「wifi」とテキスト送信した場合、自動でWi-Fiのパスワードを返答する

 

 

LINE公式アカウントの概要

 

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がユーザーとコミュニケーションを取るためのLINEアカウントです。個人用のLINEアカウントとは別に、企業や店舗が公式アカウントを作成し、友だち登録したユーザーに直接情報を配信できます。

 

▼主な機能

  • メッセージ配信: 友だち登録ユーザーにメッセージ、クーポン、新商品情報などを一斉配信できます。
  • チャット/ビデオ通話: ユーザーとのコミュニケーションにチャットやビデオ通話を活用できます。
  • 自動応答: よくある質問への自動応答を設定できます。
  • Webサイト連携: Webサイトからユーザーを公式アカウントに誘導できます。

 

▼メリット

  • 高い開封率: メールよりも開封率が高く、情報が届きやすい。
  • 手軽なコミュニケーション: ユーザーはLINEアプリ上で手軽に企業とやり取りできる。
  • 集客/販促効果: クーポン配信やキャンペーンで集客や販促につながる。

 

▼料金プラン

  • 無料プラン: 基本的な機能が利用できる。
  • 有料プラン: 追加機能が利用でき、メッセージ送信数の上限が高くなる。

 

自動応答メッセージはメッセージ送信数にカウントされません。まずは無料プランから始め、クーポン配布後の流入数やクーポン使用数などの効果を分析し、必要に応じて有料プランにアップグレードすることが一般的です。

 

 

▼メッセージ配信数としてカウントされるメッセージの種類

 

カウントされるメッセージ

  • メッセージ配信(絞り込み配信、ステップ配信含む)
  • Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」「Narrowcast API」

 

カウントされないメッセージ

  • LINEチャットの送受信
  • 応答メッセージ
  • あいさつメッセージ
  • Messaging APIの「Reply API」

 

設定手順

公式LINEアカウントの開設からリッチメニューの応答設定までの手順は以下の通りです。

 

▼公式LINEアカウントの開設

  1. LINE公式アカウントの開設申請を行う
  2. アカウントの種類(法人/個人)を選択する
  3. 必要事項を入力し、アカウント開設は完了

 

「認証済みアカウント」には審査を通過する必要があります。

 

認証済みアカウントになると、

  • 青色のバッジがつき、LINEアプリ内の検索対象になる
  • 友だち集めに有効なツールを利用できる

 

認証には費用はかかりませんので、認証をリクエストすることをおすすめします。

 

 

 

▼リッチメニューの設定

  1. LINE Official Account Managerにログインする
  2. 「リッチメニュー」を選択し、新規作成をクリックする
  3. リッチメニューのタイトル、表示期間、分割パターンを設定する
  4. リッチメニュー画像をアップロードする
  5. リッチメニューの各領域にアクション(リンク/クーポン/テキスト/ショップカード)を設定する

 

 

▼応答メッセージの設定

  1. 「設定」→「応答設定」から応答機能の応答メッセージをオンにする
  2. 「メッセージアイテム」→「カードタイプメッセージ」を新規作成する
  3. カードタイプ(プロダクト/ロケーション/パーソン/イメージ)を選択し、カード内容を設定する
  4. 「応答メッセージ」を新規作成し、リッチメニューのテキストと応答メッセージ(カードタイプ)を紐付ける

 

 

以上の手順でリッチメニューをタップした際に、カードタイプメッセージが表示されるようになります。

 

 


 

公式LINEとupnowの連携は、レンタルスペース運営における大きな強みとなります。ゲストとのコミュニケーションを強化し、リピート利用を促進することで、収益性の向上が期待できます。今すぐ公式LINEを活用し、ビジネスを一層成長させましょう。

 

ご不明点や詳細についてのご質問がありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。これからも皆様のビジネスがより発展するよう、全力でサポートさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

参照

https://campus.line.biz/line-official-account/courses/functions/lessons/oa-2-1-2

お問い合わせ