ホーム 最新情報・ノウハウ 【2024年】データから見るレンタルスペース売上動向・トピックまとめ

【2024年】データから見るレンタルスペース売上動向・トピックまとめ

<2024年2月7日配信>

 

全国で900以上のレンタルスペースを運営代行している当社が、管理スペースの生データを集計して毎月の売上推移を発表しております。

ご自身のスペースの売上推移と連動しているか比較していただき、スペースの強み/優位性、あるいは課題/改善点の発見にお役立てください。

 


【本記事で知れること】

  • レンタルスペース売上の最新動向
  • 売上増減の当社による考察

 

最新月【2024年1月】

2024年1月売上動向_コインブース

 

コインブース

平均売り上げは、前月比、前年同月比、どちらもダウンとなりました。12月の年末の動きと合わせて、1月8日まで長期のお休みを取る方が多かったと予測しています。また、レジャーなどの指数とマイナスの相関があるとも思われます。1月後半は一気に予約が戻ってきているため2月に期待しましょう。

 

 

2024年1月売上動向_会議〜19名

 

会議室(〜19名)

前月比11%ダウン、また前年同月比もダウンしております。ワークブース同様に、長期休みの影響が大きかったのではないでしょうか。研修や採用の問い合わせ自体は1月後半から増えてきておりますので、繁忙月にきちんと売り上げを上げていけるかどうかが会議室も重要になってきそうです。

 

 

2024年1月売上動向_会議20名〜

 

会議室(20名〜)

こちらも小型会議室(〜19名)と同様にダウン。2ヵ月連続で前月比が約10%以上下回っています。大型会議室の運営会社に話を伺ったところ、3月は既に予約が埋まってきているというお話もありますので、需要が戻ってきているのは間違いと思われます。

 

 

2024年1月売上動向_パーティースペース

 

パーティースペース

1月はパーティースペースも急落です。長期休みはレジャー関係に時間とお金が使われる傾向にあるため、パーティースペースにはあまり流れてこない、また、12月にお金を使った分節約意識も働いている、という点が関係しているのだと思われます。パーティーは、閑散期に黙々とテコ入れをして3月に備えましょう!

 

 

【集計項目】前月比、平均売上高

【カテゴリー分け】コインブース(1名ブース)、会議室(〜19名)、会議室(20名〜)、パーティースペース

※集計対象スペースは、管理スペースの一部です。

 

 

過去データ【~2023年12月】

2023年12月までの売上データは下記の記事をご覧ください。

 

【2022年•2023年】データから見るレンタルスペース売上動向・トピックまとめ

レンタルスペースの売上動向_2022年・2023年

レンタルスペースの運営代行ならメトロミニッツ

当社は、レンタルスペースの企画・運営支援サービス「METROMINUTES(メトロミニッツ)」を運営しております。

 

メトロミニッツの特徴

  • 全国にレンタルスペース900室以上を運営中
  • 電鉄会社、不動産管理会社、大手飲食チェーン、商業施設等、取引実績多数
  • 自社予約システムを活用し、集客コストを圧縮
  • 防音ワークボックスの導入、運営代行も可能

 

 

こんな不動産オーナーにおすすめ

  • 「ワークボックス」を導入したい
  • 所有する不動産が空室で困っている
  • 所有ビルの空室を埋めてバリューアップしたい
  • CSRの一環として地域住民に有益に活用してもらえるレンタルスペースを導入したい
  • 投資としてレンタルスペースビジネスをはじめたい 等々

 

レンタルスペースの導入から運営支援までワンストップで対応可能ですので、お気軽にご相談ください。オンライン面談、電話、対面など柔軟に対応させていただきます。

お問い合わせ